フランスで製造許可のある200種を超える葡萄品種

フランスでは200種を超える葡萄品種の製造が認可されています。 非常に古い品種もあれば、新しいものもあります。 フランス各地のそれぞれの葡萄畑には、その土地に昔から根付いている特定の葡萄品種があり、異なるテロワール、気候、土壌の種類により生産されています。 南仏プロヴァンスのロゼワインを製造するための主な葡萄品種は、ムーヴェード、シラー、グルナッシュノワール、サンソー、ティボホンであり、ローマ帝国時代の人々が持ち込んだ非常に古くから生産され続けている品種です。 その他にはカベルネソーヴィニヨンとカリニャンなどもあります。 プロヴァンスで製造されるプロヴァンスロゼワインの約9割は、この土地の葡萄品種を複数ブレンドをして生産されています。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial